医療について

医療保険で一体いくら支払われるのか

医療保険は必ず入っておくものという考え方の人も多いですが、本当にいざという時にどれくらい頼りになるものなのか知らない人は多いです。
基本的に医療保険でお金がもらえるのは、原則として入院か手術をした時です。
そのため、病気にかかる費用をすべてカバーしてくれるわけではわありません。
最近は国の方針として入院は短期になる傾向にありますし、技術の進歩により入院せずに外来で高度な治療を受けることも可能です。
外来でかかる治療費は民間の保険ではカバーされないので、月々の収入や貯蓄から捻出することになります。
もし、病院で入院し、手術を受けたとして、どれくらいのお金がもらえるのかといえば、入院日額5000円、1入院120日型、手術給付金は内容に応じて入院給付金の10倍、20倍、40倍というタイプに加入している場合、入院給付金は1に入院最大で60万円、手術給付金は、内容に応じて5万、10万、20万円のいずれかの金額ということになります。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.